fx-FD10Pro プリセットプログラムについて

ホームに戻る

fx-FD10Pro プリセットプログラムについて

fx-FD10Proプリセットプログラムについて

fx-FD10Pro には、あらかじめ21種の基本プログラムが内蔵されています。fx-FD10Pro の取説では、これを プリセットプログラム と表現しています(取説:α-11)。

fx-FD10Pro 基本公式プログラム

プリセットプログラムを消去する理由

プリセットプログラムは、通常のプログラム領域(メインメモリー)に保存されており、それなりにメモリーを消費しています(3576バイト)。

弊社では、プリセットプログラムを消去し、空いたメモリーを 座標登録領域 として利用しています(座標データ約150点分に相当します)。

プリセットプログラムは、基本的な測量計算ができるシンプルなプログラムですが、そのほとんどは弊社の『測量計算プログラム』で計算できますので、両者を同時に使う機会はごく限られていると判断し、プリセットプログラムの領域を座標登録領域として利用しました。

尚、消去したプリセットプログラムは、復元させることができます。

プリセットプログラムの復元について

プリセットプログラムが必要になるケースは希だと思いますが、弊社のサービス(プログラム入力代行、購入代行)をご利用の場合には、プリセットプログラムを簡単に復元させる事ができますのでご紹介します。

プリセットプログラムを復元させるためには、4500バイト以上 の空きメモリーが必要です。空きメモリーの確認は、「空きメモリーとプログラムサイズ」のページをご覧ください。

空きメモリーとプログラムサイズ

プリセットプログラム の復元手順は次の通りです。

(1)メモリーマネージャーを起動する

MENU キーを押してメインメニューを表示させます。

MENU キー 

メインメニューが表示されたら、 5 を押すか、
カーソルキーを使って MEMORY を反転させ EXE を押します。

MEMORYモード  メモリーマネージャー  

(2)保存フォルダを開く

メモリーマネージャーが表示されたら、 F2 (SMEM)を押します。

SMEM画面

次に、フォルダ「ASAKAZE」を反転させ EXE を押します。

preset.g1mファイル

フォルダ「ASAKAZE」内のファイル一覧が表示されます。

(3)プリセットプログラム復元

フォルダ「ASAKAZE」内が表示されたら、ファイル「PRESET.g1m」を反転させ F1(SEL)を押します。

preset.g1mファイル選択

ファイル「PRESET.g1m」の先頭に三角マークが付いたら、F2(COPY)を押します。

コピー先指定

コピー先を聞いてきますので、 1 (Main Mem)を押します。

復元終了

「Complete!」と表示されたら復元終了です。 EXIT を押してください。

  • メインメモリーにプリセットプログラムが存在する状態で復元を行うと、上書きするかどうか聞いてきます。
  • 復元に必要な空き容量(メインメモリー)が不足しているときには、「Memory ERROR」が表示されます。
(4)復元プログラムの確認

ちゃんと復元されたかどうか確認します。

MENU 1 PROG と押してください。

復元プログラムの確認

カーソルキーを操作してプリセットプログラムが復元された事を確認したら、EXIT を押して終了です。