fx-FD10Pro 空きメモリーとプログラムサイズ

ホームに戻る

fx-FD10Pro 空きメモリーとプログラムサイズ

fx-FD10Pro空きメモリーとプログラムサイズ

fx-FD10Pro には、メインメモリーと保存メモリーの2つのメモリーエリアを備えています。
プログラムや座標登録の保存にはメインメモリーが使われます。

fx-FD10Pro のメインメモリーは 62,000バイト の容量がありますが、弊社の『測量計算ソフト』は、プログラムとデータの保存に 約57,000バイト消費します。

その他、システムや変数メモリー等でもメモリーを消費しますし、表計算やリスト機能を使う事でもメモリーを消費しますので、空き容量は変動します。

さらに fx-FD10Pro は、プログラムの実行のために、常に 1000バイト程度の空き容量が必要ですので、新たなプログラムを作成したり転送する場合には、空きメモリーを確認する必要があります。

空きメモリーの確認

メインメモリーの空き容量は、MEMORYモード で確認できます。

手順は次の通りです。

MENU F1

メインメモリー 

確認後は、MENU で、RUN・MATモード に戻すのを忘れないでください。

新たなプログラムを作成したり転送する場合に、メインメモリーの空き容量が足りない時には、既存のプログラムを消去するなどして、空き容量を確保する必要があります。

プログラムサイズの確認

プログラムサイズは、プログラムリストが表示される際に確認できます。

例えば、プログラムを起動する際に表示されるプログラムリストで確認できます。

MENU PROG

プログラムサイズ 

既に RUN・MATモード になっている場合は、MENU を省略して PROG だけでかまいません。

確認後は、EXIT を押してください。