fx-5800P 測量計算プログラム:操作ミスの防ぎ方

fx-5800P 測量計算操作ミスの防ぎ方

fx-5800P

 fx-5800P は、プログラムを駆使して様々な計算をさせることができる大変便利な電卓ですが、残念なことにプログラムを保護する機能がありません(プログラムを消してしまう機能は複数備わっています)。

 そのため、操作ミス で意図せずにプログラムを書き替えてしまったり、最悪の場合プログラムを消してしまう危険性があります。

 fx-5800P に精通している方であれば問題ありませんが、不慣れな方は 操作ミス の防止に心掛けてください。

 当ページでは、fx-5800P 測量計算 をご利用するに際して 操作ミス でプログラムを書き替えてしまったり、消してしまう 危険 を回避するための 心得 をお知らせします。

心得1: MODE キーは 危険

 fx-5800P は高機能なだけに、理解が不十分なまま操作すると、意図せずにプログラムを書き替えたり、消してしまう危険があります。

 プログラムを書き替えたり、消す機能は MODE キーを押したときに表示される選択肢に割り当てられています。

危険な選択肢1

モード選択画面の1画面目(危険な選択肢1)
  モード選択画面の2画面目(危険な選択肢)

 上記の選択肢(PROGモード)には、プログラムの入力や編集、削除する機能があります。プログラムを自作する方にとってはよく使う機能ですが、初心者の方には 危険 です。

危険な選択肢2

モード選択画面の2画面目(危険な選択肢2)
  モード選択画面の2画面目(危険な選択肢)

 上記の選択肢には、メモリーをクリアしたり、システムをリセットする機能があります(どちらもプログラムが消える可能性があります)ので、とても 危険 です。これらの機能が必要になることはめったにありません。

操作ミスを防ぐ心得1

 MODE キーは 危険 ですので不用意に押さないようにしてください。

 プログラムを書き替えたり、消してしまう 危険 は、MODE キーを押さなければ回避できます。

 fx-5800P 測量計算 を利用する上で MODE キーを押す必要があるのは、プログラム実行前に必要な COMPモード に設定する際の 1回 だけです(詳しくは、→プログラム実行前に必要な設定)。

 1回 COMPモード に設定したら、後は MODE キーを押す必要はありません。

 もし、何らかの理由で MODE キーを押す必要が生じた場合には、『取扱説明書』をよくお読みになって、操作ミス を防いでください。

心得2:FILE キーは 安全

 fx-5800P のプログラムは COMPモードPROGモード で起動することができます。

 PROGモード は、プログラムの入力や編集、削除ができるモードで、プログラムに精通した人以外は、危険 なモードです。プログラムを起動するだけならば、PROGモード を使う必要はありません。

 COMPモード では、プログラムの書き替えや消去はできませんので 安全 です。

 COMPモード でのプログラムの起動は、 FILE キーを押して行います。

安全なプログラムの起動

安全な COMPモード でのプログラム起動
安全な COMPモードでのプログラム起動

 COMPモード では、プログラムの書き替えや消去はできませんので、たとえ 操作ミス をしたとしても、安全 です。

 プログラム起動の詳細は、プログラムの起動と終了 をご覧ください。

操作ミスを防ぐ心得2

 FILE キーで起動したプログラムは 安全 です。

 fx-5800P 測量計算 の起動には、是非 FILE キーをお使いください。

 もし、自作プログラムの入力を行う等で、PROGモード を利用する必要がある場合には、くれぐれもご注意ください。

 ここから下の情報はご覧にならなくても問題ありません。

  :
  :
  :
  :
  :
  :

 もし、何故 PROGモード が危険なのかお知りになりたい方は、この下をご覧ください。

意図せずプログラムが書き替えられる仕組み

 fx-5800P は、プログラム実行中に AC キーを押すとプログラムが強制終了します。そのとき、画面には EXIT キーを押すように指示が出ます。

プログラムの強制終了   プログラムの強制終了

 この場合、指示通り EXIT キーを押す必要があるのですが・・・

 PROGモード で起動した場合だと、下の画面のようにプログラムのソースを表示して、編集できる状態になってしまうのです。

PROGモード で起動した場合
  プログラムの強制終了(PROGモード)

 この状態で何かキーを押すと、プログラム中に書き込まれてしまい、結果として、意図せずにプログラムを書き替えてしまうことになります。

 もし、このような画面になりましたら、MODE と押してください。危険な PROGモード から、安全な COMPモード に戻す事ができます。

 ちなみに、COMPモード で起動したプログラムを強制終了した場合には、下のような画面になります。

COMPモード で起動した場合
  プログラムの強制終了(COMPモード)

 この状態(COMPモード)では、 EXE キーを押せば 「QUICK RUN」 が起動しますし、 AC キーを押せば画面はクリアされ、標準計算モードに戻りますので、 安全 です。