Excel測量計算:座標データ

Excel 測量計算座標データ

当ソフトウェアは、マクロが有効 になっている事を前提としております。
2021年6月1日より 新バージョン(Ver.2)となっております。

マクロを有効にしてお使いください 

ソフトウェアの概要

 Excel 測量計算は、予め座標を登録(Max:1,000点)しておくと、測点名を入力するだけで座標を呼び出すことができます(座標登録がなくても計算は可能です)。

 当ソフトウェアは、各ブックから呼び出すための座標データを管理します。

Excel 測量計算 座標データ

  • 背景が薄黄色のセルが入力項目です。
  • 斜線部分のセルには入力できません。
  • 座標系番号はドロップダウンリストから選択して指定します。
  • 測点名、X座標、Y座標を、所定のセルに入力してください。
  • 右上に赤い三角マーク「」があるセル(ボタン)にはコメント(説明)が設定されています。

座標系番号は、平成十四年国土交通省告示第九号で定義されている系番号です。

平面直角座標系(平成十四年国土交通省告示第九号) 

起動方法

 「00data」を開き、メニューから「座標データ」を選びます。

主な機能

(1)座標表示桁数

Excel 測量計算 座標データ 座標表示桁数

座標値の小数点以下の表示桁数に反映します。
「小数第3位」は小数点以下4位で、
「小数第4位」は小数点以下5位で
それぞれ四捨五入されます。

(2)データ保存

Excel 測量計算 座標データ データ保存

座標データをCSV形式で保存します。
保存する範囲を指定することができます。

(3)データ読込

Excel 測量計算 座標データ データ読込

CSV形式で保存された座標データを読み込みます。
既存データに追加して読み込むことも可能です。

(4)SIMA保存

Excel 測量計算 座標データ SIMA保存

座標データをSIMAフォーマットで保存します。
保存する範囲を指定することができます。

(5)SIMA読込

Excel 測量計算 座標データ SIMA読込

SIMAフォーマットで保存された座標データを読み込みます。
既存データに追加して読み込むことも可能です。

(6)空白行整理

データ間に空白行がある場合、その空白行を詰めます。

(7)並べ換え

Excel 測量計算 座標データ 並べ換え

座標データを測点名で並べ換えます。
昇順、降順を選んで実行します。

  • 測点名に連続番号をつける場合には、桁数を合わせてください(例:T001,T002,・・・・,T100)。
(8)印刷

印刷プレビューを表示します。
印刷を実行する場合には、Excelの印刷プレビューメニューから、「印刷」を選択してください。

詳しくは、印刷について(ご使用の前に) をご覧ください。

(9)リセット

データを消去し、初期状態に戻します。

ご使用のご案内

Excel 測量計算をご使用になりたい方は、下記お申し込みページからお申し込みください。

Excel 測量計算 ご使用お申し込み