ExcelでSIMA共通フォーマットを作成

  1. あさかぜネット TOP
  2. excel SIMAデータ
  3. ExcelでSIMAデータを作成

Excel で SIMAデータを作成する方法

想定条件

 ここでは、紙媒体の座標データを使って作図する場合を想定しています。

 座標データを CADソフトに手入力する必要がある時 Excel で SIMAデータ を作ることができれば、事前に Excel を扱える誰かに入力してもらっておいて、作図する際に CADソフトに SIMAデータ を読み込む事ができます。

 座標データの手入力は、CADソフト よりも Excel の方が、入力が楽ですし、入力したデータのチェックも容易にできますので、より正確で効率的に作業することができます。

作成手順

 Excel で SIMAデータ(座標データ)を作る手順を掲載します。

手順1:Excel に座標データを入力する

 SIMAフォーマットと同じデータ配列になるよう Excel のワークシートを作り、座標データを入力します。

座標データのSIMAフォーマット

 座標データのSIMAフォーマットは、おおむね次のようなイメージになります。

座標データのSIMAフォーマットイメージ

Excel のワークシート

 上記の SIMAフォーマットを、Excel で作り、座標を入力すると、次のようなワークシートになります(X座標とY座標のみの例)。

座標データのSIMAフォーマットExcel

 「A列」 にはデータ区分を入力します。データ区分は、その行のデータが何のデータであるかを示します。データ区分の頭文字が、”G” であればファイル属性、”Z” であればコメント、”A” であれば座標データ、といった具合です。

 上のワークシートを、SIMAフォーマット図 と同じ色分けにすると次のようになります。

座標データのSIMAフォーマットExcel

 「A1セル」 には、データ区分 ”G00” を入力し、「B1セル」 にはファイル属性 ”1” を入力します。

 座標データのデータ区分は ”A01” で、始まりの行に ”A00”、終わりの行には ”A99” を入力します。

 座標データは、「B列」 に点番号、「C列」 に測点名、「D列」 にX座標、「E列」 にY座標を入力します(Z座標を入力する場合には「F列」に入力します)。
 「B列」の点番号は”1”から始まる連番にします。

手順2:入力した座標データを「csv」形式で保存する

 座標データの入力が終了したら、それを 「csv」形式で保存します。
 Excel で保存する際に、ファイルの種類を「(カンマ区切り)(*.csv)」に変更して保存してください。

座標データを「csv」形式で保存する

 例として、「E」ドライブの 「座標」フォルダに、ファイル名「座標」の「csv」データを保存すると、下図のように「座標.csv」というファイルが作成されます。

「座標.csv」というファイルが作成される

 お使いのパソコンが、csvファイルに Excel が関連付けされていると、上図のように、アイコンが Excel のアイコンになりますが、csvファイルの中身は、データがカンマで区切られたテキストデータです。

手順3:「csv」ファイルをテキストエディターで開き加工する

 作成した「csv」ファイルを、テキストエディターで開き、データを加工します。テキストエディターが無ければ「メモ帳」でも加工できます。ここでは、例としてメモ帳で加工する方法をご紹介します。

csvファイルをメモ帳で開く

 csvファイルは、多くの場合 Excel に関連付けされているため、ファイルをダブルクリックすると Excel が起動してしまいます。

 csvファイルをメモ帳で開くためには、先にメモ帳を起動してから csvファイルをマウスでドラッグするのが最も簡単です。

「座標.csv」を「メモ帳」にドラッグ

csvファイルを加工する

 手順2で保存した「座標.csv」を、「メモ帳」で開くと次図のようになっています。
 余分なカンマが付いた行と、カンマが足りない行がありますので、加工します。

「座標.csv」を、「メモ帳」で開く

 まず余分なカンマを取り除きます。
 取り除くのは、下図の赤で囲んだ部分です。

余分なカンマを取り除く

 次に足りないカンマを付け足します。
 付け足すのは、下図の赤字のカンマです。

 ※この例では、Z座標がありませんので、Y座標値の後にカンマが2つ続きます。

足りないカンマを付け足す

 加工が終わると、次図のようになります。

加工が終わった「csv」データ

 加工が終わったら、上書き保存してください。

手順4:ファイルの拡張子を「sim」に変更する

 データの加工が終了したら、ファイルの拡張子を 「csv」 から 「sim」 に変更します。

ファイルの拡張子を「sim」形式に変更する

 「名前の変更」で、拡張子部分を変更してください。拡張子変更の際に、下図のような警告メッセージが出たら、「はい(Y)」 を選んでください。

警告メッセージが出たら「はい(Y)」を選ぶ

 拡張子を変更したら作業は終わりです。これで SIMAデータの完成です。

拡張子を変更したら作業は終了

このページの先頭へ