ババヘラ(アイス)

ババヘラ(アイス)
ババさんがヘラで盛りつけしてくれる、路上販売アイス

ババヘラ写真

秋田県の各地で、カラフルなパラソルが目印の、ババさんがヘラで盛りつけしてくれる、路上販売のアイスを「ババヘラ」と呼びます。

ババさん(おばあさん)が、ヘラで盛りつけしてくれるので、高校生が「ババヘラ(アイス)」と呼んだのが始まりとのことです。※他説もあります → ババヘラの歴史(2013年加筆)参照

秋田に行ったのを機会に、実際に食べてみました(2007年,2008年)。
ババヘラの業者さんは6社あるそうですが、まだ5社しか確認できていません。

確認できた5社については、各社さんとも、アイスの色は黄色とピンクで、花の形(バラ)に盛りつけるのが基本のようです。しかし、盛りつけしてくれるババさんや、その日の売れ具合によって盛方が変わるようです。

昔は、メロン味の青色のババヘラもあったそうですが、今では作っていないようです。
シャーベット状のアイスなので溶けやすく、風に当てるとすごい勢いで溶けます。
最近メロン味のババヘラが復活したようです(2017年に確認)。

なお、当ページに掲載の情報は、特に表記のない限り 2007年 のものです。

ババヘラアイスの値段は、2007年当時は皆150円でしたが、2008年には杉重冷菓さんを除き200円になっていました。現在は、限定品は 300円 、その他は 250円 のようです(2017年現在)。

ババヘラの写真・動画

進藤冷菓さん

進藤冷菓さん

男鹿なまはげ伝承館前
撮影日:2017/8/13
期間限定のババヘラ・メロン
300円でした。

児玉冷菓さん

児玉冷菓さん

八幡平アスピーテライン(岩手県)
撮影日:2017/10/9
芯にピンク、外側に黄色を
盛り付けてもらいました。
250円

若美冷菓さん

若美冷菓さん

国道7号線(吹浦バイパス:山形県)
撮影日:2007/8/11
7号線を山形から秋田県に向かって
進んでいた時、
一番先に出会ったババヘラがこれ。
場所は吹浦バイパス十六羅漢付近、
まだ山形県。
味は、イチゴとレモンの風味。
盛りつけは花の形

児玉冷菓さん

児玉冷菓さん1

国道7号線(由利本荘付近)
撮影日:2007/8/11
こちらはイチゴとバナナの風味、
甘みが濃く美味しい。
ピンクと黄色が混ざった、
バラのつぼみ?

児玉冷菓さん

児玉冷菓さん2

国道7号線(由利本荘付近)
撮影日:2007/8/16
こちらも児玉冷菓さんですが、
上の写真と見比べると、
違う業者さんにも見えるが・・・
でも、「児玉冷菓」と表示されていた。
こちらは花の形に盛りつけてくれた。

千釜冷菓さん

千釜冷菓さん

国道101号線(なまはげライン入り口付近)
撮影日:2007/8/12
盛りつけは、内側に黄色、外側にピンク。
形はつぶれたバラ?
味は甘みは強いが、さっぱりしている。
我が家的には一番好みの味だ。

杉重冷菓さん

杉重冷菓さん

国道101号線(男鹿総合観光案内所)
撮影日:2007/8/16
ピンクの部分が他社さんより薄い。
食感は、ざらざら感が少なくクリーミーで、
ミルクっぽい味。
これもなかなかいける味だ。
形は、バラの花。
当ページに掲載の他の4社は皆大差ないが、
杉重冷菓さんだけは別。 お勧め!

進藤冷菓さん

進藤冷菓さん

国道7号線(仁賀保付近)
撮影日:2007/8/16
盛は良いが、形が花には見えない。
千釜冷菓さんと同じくらいの甘さで、
美味しい。

みちのくアイス?

みちのくアイス?

国道13号線(小野町付近)
撮影日:2008/8/15
ピンクと黄色が混ざった盛り付け
どこの業者さんか確認できなかった。

進藤冷菓さん

ババヘラカップ

撮影日:2007/8/14
男鹿市内のスーパーで売っていた。
フタに限定販売と書いてある。
路上販売されているものより
甘さが薄いような気がするが・・・
200円(180ml)

千釜冷菓さん

お取り寄せババヘラ お取り寄せババヘラ2

撮影日:2007/8/17
千釜冷菓さんのババヘラを、お取り寄せしてみた。
フタを開け、5〜10分待つて、
大きめのスプーンで削り取て食べた。
※路上販売と同じ味、当然か・・・

盛りつけ動画(杉重冷菓さん

2008年に男鹿総合観光案内所(国道101号線)で撮影した杉重冷菓さんの盛りつけ動画です。

BGMで流れているのは、男鹿総合観光案内所で流していた「ハタハタサンバ」です。

みんな「ババヘラ」

冒頭にも書きましたが、「ババヘラ」とは、ババさんがヘラで盛りつけしてくれる路上販売アイスの事を、地元の高校生が「ババヘラ」と呼ぶようになったのが始まりと言われています。

つまり、「ババヘラ」は元々は通称だったわけです。

ですから、地元の方々にとっては、どの業者さんも みんな「ババヘラ」なんだそうです。

ところが、2001年に進藤冷菓さんが「ババヘラ」を商標登録してしまったため、他の業者さんは「ババヘラ」を名乗れなくなってしまいました。 ※詳細は → ババヘラの歴史参照

「ババヘラ」を名乗れなくなった進藤冷菓さん以外の業者さんは、今は下記の名称で販売しています(2007年、2008年現在)。

もっとも、「ババヘラ」は通称でしたので、どの業者さんも元から「○○アイス」といった独自の名称で売っていたそうです。

進藤冷菓さんも、以前は ふるさとアイス という名称だったようです。(2013年加筆)

売り子のババさんから聞いた話を総合すると、ババさんがヘラで盛りつけする販売形式を始めた元祖は、児玉冷菓さんか、杉重冷菓さんのようです。(確信はありませんが・・・)

「ババヘラの歴史」は別ページに移動しました → ババヘラの歴史